相模原市立環境情報センターは、環境に関して学習したり、創造したり、情報を得たりするための施設です。

 本日の湧水環境調査も今月、11日に開催した野鳥調査に引き続き快適な気候で調査を行うことができました。
 
 水質・植物・水生生物の各調査結果としては、雨量が少ない時期ということが大きく影響して全体的に水量は少ない傾向にありました。植物は落葉していて判別が難しくなった種もありましたが、見通しが良くなった為に豊水期では、見られなかった背丈の低い草本などを数種、確認しました。水生生物に関しては、石が濡れている程度しか水量が存在しない調査地点もありましたが、予想に反してヘビトンボ、カワゲラの仲間などを多く確認することができました。
 今回も調査にご協力くださった自然環境観察員の皆さん、ありがとうございました。
DSCN1136