相模原市立環境情報センターは、環境に関して学習したり、創造したり、情報を得たりするための施設です。

%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e7%92%b0%e5%a2%83%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bd%9e

市民のための環境講座

~相模原の自然を後世に~地域の取り組みを知る


日   時: 11月20日(日)13:30~16:30

講   師: 「基地から見た相模原の自然」金子豊貴男氏

        「水道水の水質を守る仕組み」大谷喜一郎氏

会   場: 相模原市立環境情報センター 学習室

参 加 費: 無料

定   員: 80名(申込制)

申   込: 直接または電話、FAX、Eメールで環境情報センターへ

詳   細: チラシをご覧ください。

講師プロフィール:

金子豊貴男氏 模原市議会議員。1991年4月より市議会議員・現在7期目。厚木基地の騒音被害やキャンプ座間の燃料漏れとはと側の汚染、相模総合補給廠のPCB保管等「基地と環境」問題を積極的に取り組む。市内の緑地比率、生物多様性国家戦略、身近な緑地保全、アライグマ等の特定外来生物やハクビシンによる農業被害、自然エネルギー等幅広く議会打合わせ内外で問題提起。

大谷喜一郎氏 水道の水質関連業務を37年間、2010年3月に定年退職後4年間水道技術アドバイザーとして勤務。現在、厚生労働科学研究・微生物分科会の研究協力委員、及び健全な水環境の創生と地球環境の保全を目的としたNPO法人グリーンサイエンス21の理事。