相模原市立環境情報センターは、環境に関して学習したり、創造したり、情報を得たりするための施設です。

Image uploaded from iOS

図書コーナーに新しい本が仲間入りしました!

今回はこちらの本を紹介します。

 

『東京いきもの図鑑』

発行者 メイツ出版株式会社

著者 前田 信二

 

東京の“都会”という印象から、自然の生き物が生息しているイメージを待たない方が多いのではないでしょうか。

しかし、実際のところは…?

この図鑑は「東京」に焦点を当て、そこで見られるあらゆるいきものたちを紹介しています。私たちの周りには、哺乳類や爬虫類・両生類をはじめクモや魚、キノコやシダなど、とても多くの動植物が生活をしていることが分かります。

「撮影対象となった動植物が絶滅することなくいつまでも私たちの目に触れられるように自然環境がこれ以上破壊されることなく保たれ続けていくことを願う」 一著者・前田氏のあとがき より

来館された方は自由に閲覧していただけますので、是非ご利用ください。

 

Image uploaded from iOS (1)

図書コーナーに新しい本が仲間入りしました!

今回はこちらの本を紹介します。

 

『身近な危険生物』
共同発行 井野 澄恵 熊谷 みのり 
発行所  株式会社宝島社

街・海・山・川・森……実は危険がいっぱい?
身の回りにはいろいろな生き物たちがいます。中には知らずに接触すると毒をもっていたり、ケガをしてしまうもの、下手をすると死んでしまう恐ろしい生物もいます。ヤマカガシやヒルなど昔から日本にいる生物に加えて、セアカゴケグモやピラニアなどの外来種も増えているこの頃。
この本はそんな危険な生物を紹介し、危険性や、万が一接触してしまったときの応急処置を知ることができます。

正しい知識をもって適切に自然の生き物たちと接していきたいものですね。

 

来館された方は自由に閲覧していただけますので、是非ご利用ください。